<成功報酬額>
一律 130,000

遡及請求ありの場合、1年につき 50,000円加算
( 税抜価格 )

障害年金とは?

障害年金とは、病気やケガのために身体や精神に一定以上の障害が残り、働くことや日常生活に支障をきたす状態となった場合に支給される公的年金です。
但し、自ら請求することが要件となっており、請求しなければ受給することができません(請求しても認められないケースもございます)。
ただ、請求するには多くの書類を集める必要があり、また、せっかく苦労して書類を集めて請求したとしても、不備があれば年金事務所と病院を何度も往復したり、途中で嫌になり請求自体をあきらめてしまうことも…。

社会保険労務士に委託する手段がございます!

ご自身で請求することはもちろん可能です。
しかし、そもそも請求できない障害状態なのに、お金を掛けて診断書を作成してもらったり、請求書類の作成に膨大な時間を掛けたり…。
確かに社会保険労務士に委託すると結構な料金が掛かってしまいます。
しかし、ご自身で請求するよりも社会保険労務士に委託した方がスムーズに請求ができ、結果的に早く年金が受給できるようなケースもございます。
新たな一歩を早く踏み出すためにも、「社会保険労務士への委託」という道も年金請求の手段の一つとしてご検討頂ければ幸いです。

弊所のポイント

  • 障がいをお持ちの方と寄り添い、親身になってご対応致します!
  • 正確かつスピーディーな対応!
  • 最良な形で障害年金が受給できる様に最大限の努力を致します!

弊所の障害年金請求はここも安心!!

支給決定され、初回振込みがあってからのお支払いとなります。

着手金等の初期費用不要で請求できるので、現在まとまったお金が無くても安心です。

不支給決定となった場合は報酬を一切頂きません。

万が一、不支給となってしまった際は、弊所へ支払う報酬は発生しません。

社会保険労務士に請求代行を依頼することで、請求がスムーズに行えるメリットがございます!

障害年金請求代理をご希望のお客様、まずはお気軽にご相談下さい。
障害年金請求のご相談は随時受け付けしております。
電話またはメールにてお待ちしております!

障害年金受給事例

精神の疾患 うつ病 躁うつ病 双極性障害 統合失調症 広汎性発達障害
知的障害 高次脳機能障害 etc.
脳の疾患 脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、脳血栓症など)
脊髄小脳変性症 多発性硬化症 etc.
身体の障害 人工関節 手足の切断 新膀胱 関節リウマチ 筋ジストロフィー
その他の身体障害 etc.
その他傷病 視覚障害(網膜色素変性症など)聴覚障害(感音性難聴など) 心疾患(ペースメーカー/ICDなど)
腎疾患(人工透析)肝疾患 肺結核 人工肛門 言語障害 がん etc.

多くの方とのご縁に感謝!

弊所で障害年金請求をされたお客様の声