介護事業者様、障害福祉サービス事業者様、
弊所が「処遇改善加算」手続きをサポート致します!
毎年の計画届&実績報告の手続きも弊所にお任せ下さい!

介護職員処遇改善加算
福祉・介護職員処遇改善加算

いわゆる「処遇改善加算」とは、介護事業所や障害福祉サービス事業所等に勤務する職員の処遇(賃金)を改善することを目的に行われている報酬加算のことです。
平成29年度の改定においては、事業主が職員の資質向上や雇用管理の改善をより一層推進し、職員が積極的に資質向上やキャリア形成を行うことができる労働環境を整備するとともに、職員自身が研修等を積極的に活用することにより、職員の社会的・経済的な評価が高まっていく好循環を生み出していくことが重要であることを踏まえ、事業主の取組がより一層促進されるよう加算が拡充されました。

「加算(Ⅰ)」を取得することの重要性

「加算(Ⅰ)」を取得することの重要性
※厚生労働省パンフレットより抜粋

中でも、新たに加わった「加算(Ⅰ)」は従来の加算(Ⅰ)に比べて職員一人あたり月額10,000円相当の増額にて加算金が頂けます。 この「加算(Ⅰ)」を取得することが事業者様にとって非常に重要です。
制度整備を行い実際に運用していくことで職員のモチベーション維持、また、より多くの加算を得ることで職員の賃金も増え、ヤル気アップにつながります。
ただ、この「加算(Ⅰ)」を取得するためには「キャリアパス要件(昇給必須)」という小難しい要件があるため、取得をためらう事業主所様が多く見受けられます。

でも、大丈夫です!
弊所が「加算(Ⅰ)」の取得をお手伝いします!

人事制度の構築を専門とする我々、社会保険労務士にご相談頂くことで、
貴事業所に見合ったキャリアパスを一緒に作成してみましょう。
まずは一度、担当 加藤までご相談してみて下さい。

弊所では、処遇改善加算に関しての手続きはもちろんのこと、就業規則作成や給与計算など、人事労務に関する手続きをトータルにサポートしておりますので、ワンストップで業務をお手伝いできるかと思います。

 

処遇改善キャリアパス

注意事項

弊所との顧問契約が必要となります。
計画、実績申請のみのスポット手続きは行っておりません。